Girl is so sad

自分の身は自分で守る

the blister packs

性行為の不公平

人間は子孫を残すためではなく、コミュニケーションの一環として性行為を行う珍しい生き物です。これを読むみなさまも、妊娠を望まないセックスを行ったことがあるのではないでしょうか。
妊娠を望まない場合、性行為時に避妊を行うのですが、この避妊の観点から見ると、性行為において女性が負うリスクが大きすぎるといえるでしょう。
万が一望まない妊娠をしてしまった場合、多くの方が中絶という道を選びます。中絶手術は女性の心と体に大きな負担がかかりますが、男性はノーリスクだといえます。
そのような状態にもかかわらず、日本で主に用いられる避妊手段はコンドームです。コンドームは男性が装着するものなので、避妊はすべて男性任せだといえます。リスクを負わないのに主導権は握られることになりますので、女性は圧倒的に不利だといえるのです。
男性の中には性行為の快感が減少することを嫌って、コンドームの着用を拒否する人もいます。また、正しく着用しているつもりでも行為中に破損してしまうことによって避妊が失敗することもあります。
これらのことから、日本では年間18万件以上の人工妊娠中絶が行われています。すなわち、18万人もの女性が心と体に傷を負っているのです。

自分の身を守る

コンドームという不確かな避妊方法では女性は自分の体を守ることができません。だからこそ、当サイトではアンウォンテッド72について紹介しています。
アンウォンテッド72とは、女性が経口摂取することによって避妊ができるものです。アンウォンテッド72はピルの中でも「アフターピル」と呼ばれるものなので、事後に使用することができます。
自分勝手な男性との行為の後や、思いがけない事故によって避妊が失敗してしまった際にも利用できますので、アンウォンテッド72は避妊率をぐっと高めてくれるといえます。
男女が不平等である以上、女性は自分の身を自分で守らなければなりません。そのために重要なアンウォンテッド72の使い方や副作用について覚えておきましょう。

アフターピルという方法

the capsules on the spoon

アンウォンテッド72などのアフターピルは、避妊率、安全性ともに高い避妊方法なので、すべての女性にオススメだといえます。なにより、事後にも使える唯一の避妊手段なので、すべての女性が必ず知っておきましょう。

Read more

副作用を減らすために

the pills

アフタ―ピルには吐き気や頭痛といった副作用が生じます。アンウォンテッド72は副作用が少ない方の薬ですが、万が一嘔吐してしまった場合は薬の効果が発揮されないこともありますので、アンウォンテッド72を服用する前に吐き気対策はしておきましょう。

Read more

ピルの選び方について

the colorful drugs

アフタ―ピルには副作用の強い旧式の「ヤッペ法」と、副作用が少なく、服用しやすい「ノルレボ法」の分かれます。多くの方がノルレボ法のアンウォンテッド72などを選ぶのですが、金銭的な事情からヤッペ法を選ぶ方もまだまだ存在します。

Read more

タイムリミットを知っておく

a woman is thinking

アフタ―ピルの利用には72時間というタイムリミットがあります。ただ、タイムリミット以内に服用すれば確実に避妊ができるというものでもないので、必ず早期にアンウォンテッド72などを利用しましょう。

Read more

個人輸入するということ

a girl is stress

アフタ―ピルは基本的に病院で処方してもらうものですが、金額を抑えつつ避妊率を向上させることができる個人輸入もオススメです。個人輸入ならアンウォンテッド72などのジェネリック目乳ができます。

Read more

注目の記事