Girl is so sad

個人輸入するということ

a girl is stress

基本的には病院で

アフタ―ピルを購入する方法は限られてきます。というのも、日本の薬事法ではアフタ―ピルの市販が認められておらず、手に入れるためには医師から処方してもらう必要があります。
すなわち、アフタ―ピルを手に入れるためには必ず病院に行かなければならないのです。基本的には避妊に失敗してからでないと処方してもらえませんので、病院でもらうことを考えている場合は、最寄りの産婦人科を必ずチェックしておきましょう。
ちなみに、産婦人科ならどこでもアフタ―ピルが置いてあるわけではないので、産婦人科にどのような種類のアフタ―ピルがあるかを知っておきましょう。

効果的な避妊のために

日本でアフタ―ピルを手に入れるには病院に行くことになるのですが、行為に失敗してから病院を探し始めた場合は、病院に行った時点でどんどん避妊率が下がっている状態だといえます。
特に「避妊に失敗した」ということは非常に恥ずかしいので、どうしても病院に行く踏ん切りがつかないという方も多いでしょう。そのせいで、結局手遅れになってしまい、避妊に失敗してしまう可能性も考えられます。
そこでオススメしているのが、個人輸入を利用する方法です。日本国内では販売が禁止されている薬でも、海外から個人輸入する方法なら病院に行かずに通販購入ができます。
この方法なら事前にアフターピルを用意できますので、行為に失敗した直後に避妊を行うことができ、アフタ―ピルの効果を最高まで引き上げることができるでしょう。
個人輸入では、日本では販売されていないようなアフタ―ピルも購入することができます。特にアンウォンテッド72はノルレボのジェネリックとして有名で、アンウォンテッド72なら安価ながらノルレボ法の避妊ができますので、非常に人気です。
「ノルレボ法を希望するけど、金額が…」という方はぜひともアンウォンテッド72を購入してみてください。
個人輸入の通販であらかじめアンウォンテッド72を購入しておき、いつでも使えるようにしておくのが金額的にも、避妊率でも最高だといえるでしょう。