Girl is so sad

ピルの選び方について

the colorful drugs

ノルレボ法とヤッペ法

アフタ―ピルと一言で言っても、その中には様々な種類があります。アンウォンテッド72というのは商品名で、他にもアイピルやノーフェア72などのものがありますので実際に購入する際に混乱してしまう可能性もあります。安心して購入するためにも、各アフタ―ピルの違いについて知っておきましょう。
覚えておいていただきたいのは、アフタ―ピルの分類についてです。アフタ―ピルは「ヤッペ法」と「ノルレボ法」の二種類に大別することができます。
ヤッペ法は旧式の方法で避妊を行うもので、副作用が大きいということから最近はあまり用いられない方法になります。ヤッペ法の特徴としては、行為後にすぐ服用し、その12時間後にさらに一錠服用するので、計2錠の服用が必要です。二錠目を服用し忘れると効果がなくなってしまうので、気の抜けないアフターピルだといえます。
これに対して、ノルレボ法は最新の方法で、副作用はほとんど出ません。アンウォンテッド72もこの方法に分類されます。ノルレボ法は副作用がほとんどないといっても過言ではないのと、一度の服用で確実な避妊効果を発揮しますので、安心して避妊が行えるといえます。

ヤッペ法も選択肢の一つ

アフタ―ピルの中でも、アンウォンテッド72のようなノルレボ法の薬が優れているのは間違いないのですが、実際はヤッペ法を選ぶ方もまだまだ多いのが現状です。
これはアフタ―ピルの金額が大いに関係しています。アフタ―ピルは保険が適用できませんので、病院で購入する場合も全額負担になります。金額は病院ごとに異なるのですが、ノルレボ法のアフタ―ピルで約15,000円が相場です。これに対してヤッペ法の薬は5,000円程度の相場になりますので、ヤッペ法が圧倒的に安く済むということになります。
確かに副作用はつらく苦しいですが、あくまで一過性のものなので、金額を抑えて避妊を行いたい場合は覚悟を決めてヤッペ法を利用するのも一つの選択肢だといえます。